きょうの料理 辻口博啓 いちごのブッシュ・ド・ノエル・抹茶のババロアのレシピ【12月22日NHKEテレ】

出典:http://www4.nhk.or.jp

きょうの料理、2020年12月22日は辻口博啓さんです。今回はいちおしスイーツと題して「いちごのブッシュ・ド・ノエル」「抹茶のババロア」のレシピを辻口博啓さんに教わります。

 

↓↓Amazonで購入↓↓

NHKテキストきょうの料理 2020年 12 月号 [雑誌]

新品価格
¥556から
(2020/11/28 19:33時点)

 

 

きょうの料理 いちおしスイーツ「いちごのブッシュ・ド・ノエル」【12月22日】基本情報

 

放送日

放送日:2020年12月22日(火)

放送時間:夜9:00~9:25 NHKEテレ

再放送:2020年12月23日(水) 午前11:00~11:25 NHKEテレ  

 

出演者

 

辻口博啓

出典:http://www.h-tsujiguchi.jp/

 

司会

 

原大策

出典:https://www6.nhk.or.jp

番組内容

 

クリームの雪が積もったスポンジ生地の「薪(まき)」に、いちごがふんだんにあしらわれた愛らしいケーキ。生地をふわふわに仕上げる混ぜ方や、絶妙なコクと柔らかさの生クリームにする裏技、味のアクセントに使ういちごジャムの作り方まで、プロのコツが満載です。1つ1つの工程はシンプルなので、初めての方にも挑戦して頂きたいケーキです!さらに、クリスマスカラーが美しい、抹茶のババロアも紹介します。

引用元:tv.yahoo.co.jp

 

 

苺のブッシュドノエルのレシピ

 

苺のブッシュドノエルの材料(38×27cmの天板1枚分)

  • いちご 200g
  • グラニュー糖 100g
  • 卵 170g(約3と1/2コ分)
  • グラニュー糖 75g
  • 薄力粉 70g
  • 牛乳 30g
  • バター(食塩不使用) 20g
  • はちみつ 15g
  • 生クリーム(乳脂肪分35%) 1パック(200ml)
  • 生クリーム(乳脂肪分47%) 1パック(200ml)
  • グラニュー糖 28g
  • いちご 1パック(25~30コ)
  • ラズベリー 適量
  • ミント 適量

 

苺のブッシュドノエルの作り方

  • オーブン用の紙を、天板が隠れる高さに合わせて敷く。
  • 生地の薄力粉はふるう。
  • 生地のAをボウルに入れ、湯煎にかけて溶かす。
  • オーブンは170℃に温める。
  1. ジャム用のいちごはヘタを落として半分に切り、ミキサーで粉がなくなるまでかくはんする。グラニュー糖と合わせて鍋に入れ、強めの中火にかける。耐熱のゴムべらで混ぜながら、全体に大きな泡が出て、とろみがつくまで煮詰める。ボウルに移して粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
  2. ボウルに卵とグラニュー糖を入れて泡立て器で混ぜ合わせ、均一になったら湯煎にかける。人肌(約40℃)に温まったら湯煎を外し、ハンドミキサーで、白くなって軽くツノが立つまで泡立てる。
  3. 2に薄力粉を加え、ゴムべらでザックリ混ぜる。ゴムべら1すくい分の生地をAのボウルに混ぜてから、2の生地のボウルに加え、全体を均一に混ぜ合わせる。
  4. 天板に3の生地を流し入れ、表面をカードなどでならして全体を平らにする。170℃のオーブンで約11分間焼く。焼き上がったら紙ごと天板から外して網の上にのせ、粗熱を取る。
  5. 粗熱が取れたら生地よりひと回り大きい別のオーブン用の紙をのせて上下を返し、紙をはがす。さらに上下を返して焼き目を上にして置く。いちごはヘタを落とし、半量を縦半分に切る。
  6. ボウルに2種の生クリームとグラニュー糖を入れ、氷水を当てながらハンドミキサーの高速で泡立てる。少しとろみがついたら泡立て器にかえ、軽くツノが立つまで泡立てる。
  7. 生地に1のいちごジャム100gをパレットナイフで均一に塗る。さらに6のクリーム半量(200g)をパレットナイフで平らにのばして、生地の手前に5の丸ごとのいちごをヘタ側を下にして一列に並べる。
  8. 手前のオーブン用の紙と一緒に生地を持ち上げ、いちごを包むようにクルリと巻く。巻き終わりが下にきたら、紙の上から全体をやさしく押し、形を整える。紙ごと冷蔵庫に約30分間おき、なじませる。
  9. ロールケーキの両端を切り落とし、器にのせる。6の残りのクリームを、平口金をつけた絞り出し袋に入れ、ロールケーキの表面に絞る。
  10. 5の縦半分に切ったいちごは、切り口側をロールケーキの側面に押しつける。上にいちごや粉砂糖(分量外)をつけたラズベリー、ミントをのせる。好みでオーナメントを飾る。

 

 

抹茶のババロアのレシピ

 

抹茶のババロアの材料(直径8×深さ6cmのグラス4コ分)

  • ラズベリーピュレ(市販) 200g
  • グラニュー糖 100g
  • 生クリーム(乳脂肪分35%) 125g
  • 抹茶 13g
  • グラニュー糖 60g
  • 卵黄 40g
  • 牛乳 270g
  • 板ゼラチン 4g
  • クリーム(飾り用) 適量
  • 赤い果物(ラズベリーやいちごなど) 適量

 

抹茶のババロアの作り方

  • 卵黄は常温に戻す。
  • 板ゼラチンは冷たい水で戻す。
  1. ラズベリーピュレとグラニュー糖を鍋に入れ、耐熱のゴムべらで混ぜながら中火で煮詰める。トロッとしたら火を止めてボウルに移して粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
  2. ボウルに生クリームを入れ、氷水に当てながらハンドミキサーで泡立てる。ポタポタと生クリームがたれて軽くツノが立つくらいが目安(六分立て)。使うまで冷蔵庫で冷やしておく。
  3. 別のボウルに抹茶とグラニュー糖を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。

※均一になるまで混ぜ合わせると、ムラなく仕上がる。

  1. 3に卵黄を加え、泡立て器でよく混ぜる。鍋に牛乳を沸かして1/3量を注ぎ、しっかり混ぜ合わせる。

※抹茶がダマになりやすいので、少量の牛乳を混ぜ合わせておくこと!

  1. 牛乳の鍋に4を加え、泡立て器で均一になるまで混ぜ合わせる。
  2. 中火にかけ、耐熱のゴムべらでゆっくり混ぜる。少しとろみがついたら火を止め、水けを絞ったゼラチンを加えて溶かす。
  3. ボウルにこし器をのせ、6をこす。網に残った抹茶もゴムべらでこそぎ入れる。

※このひと手間で、なめらかなババロアに仕上がる!

  1. 7を氷水に当て、粗熱を取る。2の生クリームを加えて、ゴムべらで混ぜる。

※混ぜるときは、生クリームの泡をつぶさないように、やさしく、かつ均一に。

  1. グラスに1のラズベリージャムを大さじ1ずつ入れ、8のババロア液を等分(約100gずつ)に注ぎ、冷蔵庫で約1時間冷やし固める。クリームをのせ、果物に粉砂糖(分量外)をつけて飾る。

 

きょうの料理12月号のテキスト

 

詳しい作り方とポイント、またアレンジレシピはテキストに掲載されています。

↓↓Amazonで購入↓↓

NHKテキストきょうの料理 2020年 12 月号 [雑誌]

新品価格
¥556から
(2020/11/28 19:33時点)

 

辻口博啓さんの本

 

↓↓Amazonで購入↓↓

モンサンクレール 軽やかさの秘密

新品価格
¥4,180から
(2020/12/20 13:33時点)

 

↓↓Amazonで購入↓↓

世界一のパティシエになる! ケーキ職人 辻口博啓ものがたり (ノンフィクション・生きる力)

新品価格
¥1,430から
(2020/12/20 13:34時点)

 

↓↓Amazonで購入↓↓

ちゃんと作れるスイーツ

新品価格
¥1,760から
(2020/12/20 13:35時点)

 

NHK Eテレ おすすめシリーズ

 

クリック⇒パンのある幸せシリーズ

クリック⇒美筋ボディーメソッドシリーズ

クリック⇒わたしの夜時間シリーズ

クリック⇒カレーの世界シリーズ

クリック⇒柔軟講座シリーズ

クリック⇒カラダ喜ぶベジらいふシリーズ

クリック⇒毎日さかな生活シリーズ

クリック⇒アジアごはんシリーズ

クリック⇒幸せのプリンシリーズ

クリック⇒自律神経セルフケア術シリーズ

クリック⇒グレーテルのかまど

クリック⇒まる得マガジンシリーズ